2008-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスの中で

中国の伝統はいつも年上に席を譲るでしょう。
これは未だ10月のことでしたが、一応感銘を受けたので、書くことにした。

金曜日、祖母をつれて外にでかけた。
案外、人が一杯ですね。(普段そんな人込みではないが)
立つしかないが、きっと誰か席を譲ってくれると信じ、ある若い女性の隣を立って待っていた。
でも、あいつ見てないふりをした。
このままじゃ行けない。祖母は一応80歳も越えたし、そう思って、私が勇気を出して、小学校5年生のような子供にそう言った「席を譲ってくれるでしょうか?」と。。。

「どうして私でなきゃ?他の人も譲れるんでしょう」そう言い返した。

一瞬ショックを受けた。。。

Read More »

スポンサーサイト

四季の中、一番好きな季節は何でしょうか?
私は春が好き。そして、秋。
春は全ての始まり。鳥が鳴いたり、花が咲きはじめたり、とても素敵な季節だと思いますね。
秋の風は爽やかで、落葉がハラハラで、まあ、詩の雰囲気があるんじゃない?
古代の詩人は「秋を悲しむ」慣例があるそうです。

でも、冬はやはり寒いですね。

冬といえば、急に「冬の蝉」を思い出した。
実は今朝歌ってたんだよ。
悲しい歌ですね。

この歌の歌詞「せめて枯野をかけめぐる、夢と呼んでも」、どうやら芭蕉さんの俳句「旅に病んで
夢は枯野を
かけめぐる」から来ましたね。
この句は芭蕉の最後の作品といわれている。芭蕉が病に倒れ、今まさに臨終の時が迫っている時に、推敲を重ねたものと伝えられている。

芭蕉さんはまさか今ごろ、歌に使われるなんて思ってもみませんよね。

Read More »

脆いですね

先週は何も書いてないので、今週は2回更新予定><

クラスメートのある友人は、なくなりました。
全然見知らぬ人ですが、私と同い年で、そんな若さでなくなったとは、とても惜しく思います。
「命は脆いものだ」とあらためて知った。

別に哲学と関係ないですが、ただそう思った「今を生きる」ってどんな大事なことか!

あの女の子は、イギリスへ留学する時、交通事故に遭って、なくなったそうです。

親はきっと悲しいでしょう!一人娘だから。
私でもよく分かる。。。そんな気持。。。
行った時元気で、そして返ってくる時何も残らず(強いていえば遺骨しか残らない)。。。

なんか、とても重い話をしたね。

そういえば急にそう思いついた。
私がなくなる時見知らぬ人は日記を書いてくれるかな?(寒)

なくなった同い年の彼女に、心からご冥福を祈っております。

Read More »

==|||

昨日友達にさそわれ、上海美術館に行った。
実は、以前行ったことないんですね。。。
だから途中で、道を聞いたんです。
そして、そういわれました
「ごめん。私、上海人じゃありません。」
。。。。。。。。。。。。。。。。。

「も」ってどういう意味!!??

私は生まれ育ちも上海なんですけど==|||

なんだが、憂鬱。。。


Read More »

NEW *TOP* OLD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。